おりものの色が白・茶色・ピンク・黄色・クリーム色・においや病気がわかる

更新日:

おりもの

おりものは、自浄作用と受精の際に精子が卵子までスムーズに到達する、膣内の潤いを保つという3つの働きがあります。自浄作用とは、細菌などが膣から侵入することを防ぐことをいいます。

つまり、おりものは女性にとって大切な役割を果たしていることになります。

おりものが正常なのか、異常なのか不安に思う人は多いです。おりものは女性の身体から出ている病気のサインとなっていることもあるので注意が必要となります。

おりものの色が白い

おりものの正常は、透明から生卵の白身のような白濁色であり、粘りが強い時もあれば、サラッとしている時もあります

おりものが白い場合には、正常である場合がほとんどです。おりものは生理周期によって色も量も粘りも変化します。

白いおりものが排出される場合は、生理前の黄体期という時期に排出されるほかは、ホルモンバランスがやや崩れ気味である場合に排出されます。

この際に排出されるおりものはドロッとした粘りがあります。また、色は白濁しています。量は生理周期においてそれほど量を多くありません。

しかし、おりものが白く、カッテージチーズのようにポロポロしている際は、カンジタ症という性感染症の場合があります。

カンジタ症の場合は、かゆみを伴う場合や悪臭がある、おりものの量が普段よりも格段に多いことが特徴です。

カンジタ症以外でもこのようにおりものの色やにおい、量に違和感があるならば、膣や子宮などにびらんなどの炎症や何らかの異常が起きている可能性が考えられます。早期に婦人科へ受診しましょう。

また、カンジタ症は性交によってパートナーにもうつしてしまう可能性があるため、しっかり治療を行うことが大切です。

カンジタ症は男性にはほとんど症状がないため、パートナーに症状がなくても、カンジタ症がうつっていることが十分に考えられます。

男性が性感染症にうつっていることに気づかず、女性が治療した後に性交を行うことで再び女性が性感染症になることをピンポン感染といいます。

ピンポン感染を防ぐためにも、性感染症になっていた場合には、パートナーである男性の検査や治療を行うことが必要となります。
>>カンジタ検査キット

おりものの色が茶色い

おりもの

生理と生理の間の期間にあたる排卵の時期になると少量の出血がみられます。この出血は排卵の際に起こるもので異常なことではありません。この少量の出血がおりものと混じることによって茶色や褐色のおりものが排出することがあります。

排卵期のおりものは、生理周期の中で最もおりものの量が多いです。そして、この時期は、精子を子宮内へ導く役割があり、水っぽいおりものが特徴となります。この際のおりものは正常です。

しかし、排卵周期ではなく、茶色のおりものが続く場合には、膣や子宮などになんらかの出血が起こっていることが考えられます。

茶色のおりものが排出される病気を具体的に挙げると子宮体癌や子宮頸がん、子宮膣部のびらん、子宮頚管ポリープなどが考えられます。

また、妊娠初期にも不正出血が起こることがあるため、いずれにしても排卵期以外に茶色や褐色のおりものがある場合には婦人科へ受診を推奨します。
>>性病・がん検査キット

おりものの色がピンク

おりもの

おりものの色がピンク色である場合には不正出血が疑われます。排卵時期や妊娠初期に多少おりものにピンク色が混ざることがあります。

しかし、何時間もピンク色のおりものがある場合や何日経ってもピンク色のおりものが続く場合、ピンク色から、茶色や赤色と色が濃くなる場合には膣や子宮に異常が起こっている場合がほとんどです。

不正出血が考えられる病気には、子宮頚管ポリープや子宮内膜ポリープ、子宮頸がん、子宮体がんなどが考えられます。

また、更年期以降になると膣からの分泌液が少なくなることでおりものの量が少なくなります。そうすると膣内が乾燥してしまい、ちょっとした刺激で出血してしまう萎縮性膣炎の可能性もあります。

不正出血をする病気はがんなどの重大な病気の可能性が高いので必ず病院へ行くことを強く推奨します。

>>性病・がん検査キット

おりものの色が黄色クリーム色

おりもの
おりものが黄色、クリーム色の場合のほとんどは何らかの異常が起きていると考えられます。

黄色やクリーム色のおりものがある際には、この中に白血球や細菌など多く含まれていることが原因とされています。

この時のおりもののにおいも非常にきつく、腐ったような悪臭がします。

タンポンを長時間膣に挿入したまま放置していたり、性交時のコンドームが膣内に残っている場合にこのようなおりものになる場合があります。膣に細菌などが増えてしまうことになるため、タンポンやコンドームを使用する際には注意が必要です。

他にもおりものが黄色やクリーム色になる病気としては、淋病やトリコモナス症という性感染症である可能性が非常に高いです。

淋病は、おりものが膿のようなクリーム色であり、症状としては排尿の際に痛みがあることやかゆみを伴います。女性は症状が出にくいことが多く、淋病を放置すると不妊症の原因にもなるため、注意してください。

トリコモナス症は、おりものが黄色から薄い灰色、泡状であることが特徴的です。症状は強いかゆみがあります。

男性はこのトリコモナス症になっても症状がほとんどないことが多く、感染源になることが多いとされています。

しかし、トリコモナス症は近年減少傾向にあるとされています。そのため、黄色やクリーム色のおりものがある際には淋病が一番疑わしいと考えられます。

性感染症はパートナーへもうつしてしまうことや不妊の原因となります。必ず婦人科へ受診してください。その際には、パートナーも忘れずに検査を行ってもらってください。

性病検査キット

性病検査キットは自宅でカンタンに匿名受けることができます。
性病検査STDチェッカーは性病専門の検査キットで口コミもみることができます。
GME医学検査研究所は性病・がん検査キットを取り扱っています。
詳しくは各ホームページをご覧ください。

↓STDチェッカーはこちらです↓

 

↓GME医学検査研究所はこちら↓

※健康保険証を使うといつ受診したのか自宅に受診記録が送られてきます。
検査キットは匿名ですので家族やパートナーに知られることなく結果を知ることができます。

-おりもの

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.