子宮頸がんの原因 症状 初期症状 検査 検診は痛いのか ワクチンの副作用

更新日:

子宮頸がん

子宮頸がんとは、子宮頸部という子宮の出入り口部分にがんが生じる病気のことです。

子宮頸がんの原因

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルスというウイルスの感染が原因であるということが分かっています。

ヒトパピローマウイルスとは珍しいウイルスではなく、種類も多く、女性の多くが感染します。

しかし、このウイルスに感染したからといって必ずしもがんになるわけではなく、自然にウイルスが排出されていくこともあります。

感染した方のうち、わずかな割合で、ウイルスが増殖していくことで子宮頸がんとなるのです。

子宮頸がんの初期症状・症状

子宮頸がんでは、初期症状はほとんどありません。

そのため、初期の段階で自覚症状を感じて受診し、がんの発見につながることは少ないといえます。

初期で発見できる場合は、検診をするとたまたま見つかったというケースが多いです。がんが進行してくると、不正出血などの症状があらわれます。

これは、子宮頸部にがん細胞が侵食してくることで、細胞が弱くなり、出血しやすくなることが原因です。

そのため、月経時以外に出血がみられたり、性交時に出血がみられたりします。

子宮頸がんの検査

子宮頸がん

子宮頸がんの検査方法は、綿棒などで子宮頸部をこすり、細胞を採取してがん細胞がないか確認する細胞診が一般的です。

20歳以降は2年に1度、この検査を定期的に行うことが推奨されており、自治体から検診のお知らせが届くようになっています。

ぜひ活用し、早期発見につなげましょう。

子宮頸がんである疑いがあると診断されると、その後さらに詳しく検査するために、内診やCT、MRIなどによる画像診断などを行い、確定診断をつけたり、他の部位に転移していないかなどの検査にすすみます。

子宮頸がん検査キット

エイズ・性病・性病検査キットは自宅でカンタンに匿名受けることができます。
GME医学検査研究所は性病・がん検査キットを取り扱っています。
詳しくは各ホームページをご覧ください。

↓GME医学検査研究所はこちら↓

※健康保険証を使うといつ受診したのか自宅に受診記録が送られてきます。
GME医学検査研究所の検査キットは匿名ですので家族やパートナーに知られることなく結果を知ることができます。

子宮頸がんの検診は痛いのか

自治体で子宮頸がんの検診を推奨するための活動が行われているにもかかわらず、その制度を利用せず、検診を受けていない方が多くみられます。

仕事や育児に追われて時間がないという方もいれば、検診自体に抵抗を感じて受けていない方も少なくないでしょう。

子宮頸がんの検診は、綿棒でこする程度なので痛みはありません。

しかし、産婦人科での診察に慣れておらず、何をされるのかと緊張してしまい、力んでしまうと、検査を行う際、器具などがあたってしまい、出血することがあります。

尿意を我慢していると痛みを感じやすいこともあるので、検査前に排尿をすましておき、検査時にはリラックスした気持ちで挑むと、痛みもなく、すぐに済みます。

さらに、口で息を吐くと力まずに検査を受けることができるので、ぜひ試してみてください。

子宮頸がんワクチンの副作用

子宮頸がん
子宮頸がんの予防として、ヒトパピローマウイルスの感染やがん細胞となることを防ぐワクチンがあります。

しかし、副作用が報告されていたり、子宮頸がん自体を予防する効果までは証明されていないこともあり、今現在、ワクチンの接種は義務化されていません。

ワクチンの副作用としては、ワクチンに対して重度のアレルギーを引き起こし、蕁麻疹や呼吸困難といった症状がでるアナフィラキシーショックに陥ることや、頭痛、嘔吐、意識レベルの低下といった症状の出る急性散在性脳脊髄炎を発症することなどが報告されています。

発症する確率自体は高くないものの、発症する恐れがあることを十分に理解したうえで、接種を受ける必要があるため、接種を考えている場合は、医師の説明をよく聞き、分からないことは確認し、同意した上で受けることが大切です。

初期段階では自覚症状が少ないからこそ、早期発見には定期的な検診が重要となってくるので、必ず受けるようにしましょう。

-子宮頸がん

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.