ADHDの大人の症状・治療法・向いている仕事・薬

投稿日:

ADHD 大人

ADHD大人の症状

ADHDとは、注意欠如多動性障害のことです。
子どもの頃から症状があっても、親や先生などにフォローされるため、見つかりにくいことがあります。大人になると、自分のことは自分で管理しないといけなくなるため、ADHDの症状がみえやすくなります。

ADHDの症状には主に3つのタイプがあります。

不注意
・ケアレスミスが多い
・注意力がない
・約束を忘れる
・物をよく無くしたり片付けができない
・順序立てて物事を考えられない
・締め切りを守られない

多動性
・落ち着きがなくじっとしていられない
・落ち着きがないので食事や会話ができない
・失言をする
・身体を小刻みに揺らす

衝動性
・衝動買いをしてしまう
・すぐにイライラしてしまう
・列に並ぶことができない

症状の現れ方には個人差があり、主に3つに分類されます。

・不注意優勢型:不注意の症状が優位
・多動性衝動性優勢型:多動性と衝動性が混合している
・混合型:すべての症状が混合している

多動性、衝動性は年齢とともに落ち着く人が多いですが、不注意の症状は多くの人が大人になっても続きます。
小さいときは症状があっても年齢のせいだと許容されていたことが、大人になれば自分のことは自分でしなければならなくなり、日常生活、社会生活、人間関係に影響を及ぼすようになります。
そして、うつ病や適応障害などの精神疾患を併発してしまうこともあります。

また、ADHDは自閉症や学習障害といった他の発達障害を持っていることがあります。
ADHD 大人

大人のADHDの方の向いている仕事

ADHD 大人ADHDに対してはネガティブな印象を持ちやすく、社会適応もできないのではないかと思われがちです。
しかしADHDの特性に合った仕事もたくさんあります。人によって症状は様々ですので、自分の特性をよくみて仕事を選んでいく必要があります。
客観的には物事を考え判断することが難しいので、臨機応変に対応することが少ない所、自分のペースで働ける所が基本的には良いでしょう。

・マニュアル化されている仕事
製品管理、事務、整備士、
・自分の興味がある仕事
カメラマン、研究者、ライター
・物づくりの仕事
アニメ、デザイナー、イラストレーター、料理人

また、フレックス制、フリーランスで働ける職場が自由度が高く、働きやすいでしょう。

ADHDの方のための就労支援サービス

ADHDといった障害を持つ方でも働くことができるよう支援・サポートサービスです。
ミラトレは関東と関西。
ココルポートは関東になります。

↓ミラトレはこちらです↓

↓ココルポートはこちらです↓

ADHDの治療方法

ADHD 大人
ADHDの治療には以下の方法があります。

お薬による治療

お薬を使用する目的は、ADHDの根本治療ではなく、対処療法でしかありません。
症状を緩和し、うまくADHDと付き合いながら、社会生活を送ることができるようにしていく目的で投薬されます。

周囲の環境を整える

家庭環境や職場環境を整えることで、ADHDとうまく付き合いながら生活を送ることができます。
病院の治療としては、お医者さんから症状の対応方法を学んだり、カウンセリングを受けます。そして様々な問題と向き合いながら日常生活を送り、根気強く治療を行なっていく必要があります。

ソーシャルスキルトレーニング(SST)を行う

SSTとは、社会生活において人間関係の構築に欠かせないスキルを学び、身に付けることをいいます。
先述したように、ADHDの症状は社会生活や人間関係に大きな影響を及ぼすため、必要なトレーニングとなります。

SSTの内容
・社会生活に必要な技能を身につける
・症状のコントロールには欠かすことのできない服薬管理が自分でできるようにする
・症状を自分で管理することができるようにする

トレーニングでは、ロールプレイングやグループワークを行うことで、自分の意見を持って、話す中でみんなの意見も聞くことができます。
また共同で何か1つのものを作ることで同じ目的に向かって話し合ったり、役割を決めることで社会生活に必要なスキルを学ぶことができます。
こうしてトレーニングでいろんな視点から物事を考えることができたり、集中力をつけることができます。

ADHDの薬

ADHD 大人
ADHDは薬を飲めば治るというものではなく、薬で症状をコントロールしながら一生付き合っていく必要があります。

現在使われているお薬

・コンサータ(一般名 メチルフェニデート)
多くのADHD患者さんに有効であり、過活動、抑うつ状態、衝動性等の症状を緩和させます。
副作用として、食欲不振、不眠等があります。
覚醒剤に近い作用がありますが、適量であれば薬物依存にはなりません。

・ストラテラ(一般名:アトモキセチン)
コンサータと効果はおなじですが、コンサータよりも緩やかに症状に効果があらわれます。
副作用はコンサータよりも軽いといわれていますが、吐き気を認めることがあります。

・インチュニブ錠(一般名:グアンファシン塩酸塩徐放錠)
効果は緩やかであり、他のお薬と併用することで相乗効果を期待できます。

どのお薬も症状をみながら微量に調整していきますので、普段の症状や副作用の程度をよく観察してお医者さんと相談していく必要があります。

-ADHD

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.