クラミジアの男性・女性の症状・検査方法・治療方法

投稿日:

クラミジア 症状

クラミジアの症状・男性

潜伏期間は1~3週間ですが、性交による感染が主で、症状としては、排尿時痛(尿道が焼けるような痛み)、サラサラとした分泌物(透明または膿のように濁っているものの場合も)、頻繁な尿意や排尿後の残尿感、尿道の不快感やかゆみが出る場合などがあります。

症状が軽い場合もあり男性の50~60%は無症状で、感染していることに気づかない場合も多くありますが、放置すると精管に炎症を起こして精管が詰まってしまい男性不妊症の原因となることがあります。

>>クラミジア検査キット

クラミジア 症状

クラミジアの症状・女性

女性の場合も潜伏期間は1~3週間で、症状としては頻繁な尿意や排尿時の痛み、おりものの増加や黄色や膿状のおりものが出ることもあります。

また、性交時痛などもありますが、女性は男性よりも自覚症状が出ることが少なく、実に80%は無症状ですが、気づかずに放置をしておくと骨盤炎や卵管炎から子宮や卵管が塞がって、不妊症になることがあります。

妊婦の場合は出産時に赤ちゃんに感染し、赤ちゃんが結膜炎や肺炎になってしまうこともあります。

男女どちらも淋菌との重複感染も多く、両方の治療が必要になることもあります。

また、近年オーラルセックスなどによる咽頭感染が増えていますが、通常症状がほとんどないため感染していることに気づかず新たな感染源となってしまうことがあります。

>>クラミジア検査キット

クラミジアの検査

クラミジアの検査には大きく分けて抗原検査と抗体検査の2種類の方法があります。

抗原検査は抗原があるかどうかを探す検査で、抗原とは免疫反応を引き起こす原因物質で、体内に入ってきた微生物などのたんぱく質が主なものです。男性の場合は採尿、女性の場合は膣分泌液を採取して検査をします。

咽頭感染を疑う場合はうがい液などで検査します。病院の設備にもよりますが、即日から2日間ほどで検査結果が出ます。

抗体検査は採血をして血液中のクラミジア抗体(IgA、IgG)を測定する方法です。抗体は体内で産生され、抗原とくっつくことで白血球などの細胞の標的となり体内から異物を排除しようとするもので、免疫グロブリンとも言います。

郵送による検査キットもネットなどで市販されています。

クラミジア性病検査キット

性病検査キットは自宅でカンタンに匿名受けることができます。
性病検査STDチェッカーは性病専門の検査キットで口コミもみることができます。
GME医学検査研究所は性病・がん検査キットを取り扱っています。
詳しくは各ホームページをご覧ください。

↓STDチェッカーはこちらです↓

 

↓GME医学検査研究所はこちら↓

※健康保険証を使うといつ受診したのか自宅に受診記録が送られてきます。
検査キットは匿名ですので家族やパートナーに知られることなく結果を知ることができます。

クラミジアの治療方法

男性も女性も、抗生剤の内服で治療します。

薬の種類としては、アジスロマイシン(商品名:ジスロマック)単回内服か、クラリスロマイシン・ミノサイクリン・ドキシサイクリンなどを1~2週間内服する方法があります。

アジスロマイシンは一度内服するだけで10日間薬の効果が持続するため、飲み忘れが無く簡単な方法と言えます。

どちらにしても有効率は100%ではないため、内服したからと言って安心せずに、治癒したかどうか再検査をすることが重要です。

また、治療中はパートナーへの感染を防ぐため、逆にパートナーから新たに菌を貰うことを防ぐためにも性交を控えることが大切です。

パートナーもすでに感染している場合があるため、2人同時に治療をするようにしましょう。

治療後も再び感染することがあるため、3~4か月後に再検査をします。

-クラミジア

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.