性器ヘルペスの症状・男性・女性・潜伏期間・治るまでの期間・うつるのか・薬

更新日:

おりもの

性器ヘルペス男性症状

感染後、水泡(水ぶくれ)が出来る前に性器に違和感を感じたり、太ももや脚の付け根、お尻などの皮膚に痛みなどを感じることがあります。

その症状の後、小さな水泡ができます。

水泡が破れると、糜爛(ただれ)なり、2~3週間程度で治りますが、稀に脚のつけ根のリンパ腺が腫れて痛みを伴うこともあります。

初感染か再発か、体調などでも症状の程度は異なります。

性器ヘルペス女性症状

女性の症状も男性同様です。

しかし、水泡が破れて糜爛になると、女性ではとても痛くて排尿できないほどになることもあります。

性器ヘルペス男性潜伏期間

感染した場合、接触した日から4~10日程の潜伏期の後に発症します。

性器ヘルペス女性潜伏期間

女性の潜伏期間も男性と同様です。

ヘルペスが治まるまでの期間


ヘルペスが治るまでの期間は治療をしなくても2~3週間です。

しかし、一度感染するとウイルスを完全に排除することはできません。疲れた時など、免疫力が低下した時に再発することが多いです。

ヘルペスはうつるのか

ヘルペスはうつります。

感染は主に性行為時に病変に接触することで、相手に感染します。

また、自分が患部に触れて他の部位をさわることでの感染、口唇ヘルペスが性器に感染し、性器ヘルペスを発症することもあります。

他にも、自分の口唇ヘルペスを手で触れるなどして性器にうつることもあります。

稀ではありますが、何らかの原因で性器やその周囲に傷が出来ていた場合、ウイルスがついたタオルや洋式便座に接触して、人に伝染することもあります。

ヘルペスの薬


抗ヘルペスウイルス外用薬や内服抗薬で治療します。

ヘルペス症状が出て早めに治療をすれば症状は比較的早く治ることが多いです。

通常は5日間内服すれば十分で完全に治るまで服用する必要はありません。

しかし、患部の痛みが激しかったり、高熱が続くなどの症状がある場合には入院治療が必要になることも稀にあります。

-ヘルペス

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.