モリンガとは 栄養 効果効能 副作用 デメリット おすすめのお茶 サプリメント

更新日:

モリンガ

モリンガとは


モリンガ
とはアフリカ・インド・スリランカやフィリピンといった熱帯・亜熱帯地域に生息する植物の事です。

このモリンガは90種類もの栄養素と300種類もの効能や効果が確認され奇跡の木と呼ばれています。

最近では知名度が上がり多くの方が美容と健康のために利用されています

モリンガの成分が入ったサプリメントなどは人気上昇中でお試しされる方もたくさんおられます。

モリンガの栄養

モリンガ
モリンガの栄養は「アミノ酸、ミネラル、ビタミン、食物繊維、葉酸、GABA」等の栄養成分や「ポリフェノール、β‐カロテン、クロロフィル(葉緑素)」等のフィトケミカル(抗酸化物質)を高含有するのが特徴です。

人間に必要な栄養素がたっぷり含まれていることが分かります。

特にビタミン類(ビタミンA、B1、B2、C、E)や亜鉛、カルシウムやカリウムやリン、食物繊維や必須アミノ酸であるリジンやフェニルアラニン、ロイシン、スレオニン、バリンなどが非常に多く含まれています。

ビタミンAはほうれん草の12倍、B1は豚肉の4倍、B2はいわしの50倍です。

カルシウムは牛乳の20倍、カリウムは牛乳の63倍にもなります。

アミノ酸は黒酢の2倍です。

特に必須アミノ酸は食品からまんべんなく摂取する必要があるのですが、モリンガだけでバランス良く摂取することができます。

そんなモリンガを凝縮したサプリメントやお茶が人気があり申し込みされる方が増えてきています。

モリンガの効果・効能

モリンガは多くの病気の予防や改善効果があると言われています。

炎症を抑える効果や気管支喘息に対しても効果が見られると言われています。

モリンガのお茶でうがいをすると風邪予防にもなると言われモリンガを生産している地域ではモリンガうがいが実践されています。

また、血圧や血糖値を下げる効果もあると言われています。

そのほかにも、モリンガの葉には出産後の初期段階で母乳の産生を促す、という研究結果も出ているようです。

このため妊娠前からモリンガを摂取するためにサプリメントを購入する方が増えています。

モリンガの副作用

モリンガ
モリンガはハーブの一種なので、薬のように作り出した化学物質ではありません。

自然にできるものですが、人によっては副作用が発生することもあるので、用法や用量を守って摂取するようにしなくてはいけません。

初めての方一度に沢山摂取するのではなく試しながら摂取することをおすすめします

モリンガのデメリット

モリンガには、腹痛や下痢を引き起こす可能性がある、というデメリットもあります。

モリンガは栄養素が豊富なために、摂り過ぎてしまうことで食物繊維をはじめとする成分が腸内の動きを活発にし過ぎてしまい、腹痛や下痢を引き起こす方もおられます。

最初は少量からお試し程度に摂取することをおすすめします。

おすすめのモリンガ茶・サプリメント

乳酸菌

モリンガは栄養の高さから多くの方がご購入お試しされています。

手軽にモリンガを摂取できるサプリメントを紹介します。

お茶タイプ、サプリメント、ゼリータイプなど様々種類がありますがどれもおすすめです。

後は好みになるので好きなタイプを選んでください。

酵素青汁111選セサミンプラス

・酵素青汁111選セサミンプラス
一般的な青汁37杯分を凝縮した、超・高濃度青汁粒!!
地球上で最も栄養価が高いと言われる、奇跡の木「モリンガ」をはじめ、酵素・明日葉・長命草など、計111種類の素材を厳選配合詳細は酵素青汁111選セサミンプラスの公式サイトをご覧ください。

太陽のモリンガ茶

・太陽のモリンガ茶
太陽のモリンガ茶は、食物繊維とカリウムがたっぷりなので、産後・授乳中にありがちな便のつまりをスッキリ流すお手伝いをします。さらに、モリンガ茶にはビタミン、ミネラル、アミノ酸など50種類以上の栄養素が豊富に含まれているので、ママの栄養補助となり、そのまま良い母乳作りに役立ちます。

詳細は太陽のモリンガ茶の公式サイトをご覧ください。

 

-モリンガ

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.