イソフラボンの効果・副作用・多く含まれる食品・過剰摂取すると・デメリット・おすすめのサプリメント

更新日:

イソフラボン

イソフラボンの効果

イソフラボンは女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをします。

このエストロゲンは女性に生理をもたらしたり、ふくよかな体つきや美しい肌を保つ働きをするホルモンです。

また、エストロゲンは骨からカルシウムが溶け出すのを抑える重要な働きをしてくれます。

とくに女性は、閉経を迎える更年期を境にエストロゲンが減少することで骨量が急速に減ってしまい「骨粗しょう症」のリスクが急増します。

その対策としてイソフラボンを摂取することで、減少したエストロゲンの代わりに働いて骨量の減少を食い止めてくれるのです。

それだけでなく、肌のかさつきや潤い不足、高血圧・高コレステロール血症、肥満、乳がんの予防といった更年期特有の症状や不調の改善にも効果があると考えられています。

その他にも心臓病や胃がん、その他のがん、糖尿病などにも有効性が報告されており、その効果の全貌についてはまだ突き止められていません。
イソフラボン

 イソフラボンの副作用

大豆イソフラボンには「グリコシド型」と「アグリコン型」の2種類があり、さらにアグリコン型も、その構造の違いによって「ダイゼイン」「ゲニステイン」「グリシテイン」に分かれています。

それぞれエストロゲンに似た働きをしますが違いがあります。

この3種類のうちエストロゲンに最も近い働きをするのが「ゲニステイン」で、効果をすぐに実感できる反面、働きが強すぎるため副作用の心配があります。

イソフラボンには骨粗しょう症の予防、更年期諸症状の改善、様々ながんの予防などの有効性だけでなく、乳がん等の発症、再発のリスクを高める可能性もあります。

そのため近年、イソフラボンを摂取する際には、働きが比較的弱い「ダイゼイン」が多く含まれているイソフラボンを選ぶのが副作用の心配もなく、より安全性が高いとして評価されています。

イソフラボンはどのような食品に含まれているのか

イソフラボンは、大豆を原料とする食品のほとんどに含まれています。

例えば、きな粉・豆腐・おから・味噌・油揚げ・納豆・醤油・豆乳などです。
イソフラボン

イソフラボンを過剰摂取するとどうなるの

イソフラボンはエストロゲンに似た働きをします。

そのため過剰摂取はホルモンバランスの乱れにつながりかねません。

ホルモンバランスが乱れると、肌荒れや月経異常の原因となったり、自律神経が乱れたりしてしまいます。また、イソフラボンが含まれている大豆には不溶性食物繊維が豊富に含まれています。

不溶性食物繊維は腸内で水分を吸収してふくらみ、便のかさ増しをしてくれるので、腸のぜん動運動が活発になり、それが原因で下痢になる場合があります。

そして、まれにですがアレルギー症状を引き起こすことがあります。

健康に良いからといって過剰に摂取するのは控えましょう。

イソフラボンのデメリット

イソフラボンの過剰摂取は子宮内膜症や乳がんの発症と再発リスクを高めることが示唆されています。

今すぐに健康被害が出るわけではありませんが、長期的に大量摂取を続けてしまえば健康を損なう可能性があることは十分に考えられます。

食品安全委員会によれば、イソフラボンの1日のちょうどよい摂取量は70~75ミリグラムだそうです。

納豆であれば2パック、豆腐であれば約300グラムが目安になります。適切な量を摂取し健康を保つようにしましょう。
イソフラボン

おすすめのイソフラボンサプリメント

メタストンW

・メタストンW
【体脂肪減少サポート!】葛の花由来イソフラボンの機能性表示食品

詳細はメタストンWの公式サイトをご覧ください

 

-イソフラボン

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.