更年期障害の症状・男性・女性・30代40代50代・おすすめの薬・漢方薬・検査・治療・何科で受診すればいいのか

更新日:

更年期障害

更年期障害の女性の症状(年齢)

30代
身体的な症状は、顔のほてりや頭痛、めまい、疲れ、動悸がしたり異常に汗をかいたりします。
精神的には、興奮しやすかったりイライラしたり、不安になることがあります。

40代
身体的な症状は、30代と症状が同じで、顔のほてりや頭痛、肩こりなどありますが、老後の不安や経済的な不安が募り、精神的に不安が大きく、不眠などの症状が現れます。

50代
この年代になると、30代や40代に起こる症状に加え、加齢に伴う身体的変化によって、膣炎や外陰部の痒み、性交痛や尿失禁などの症状が出現することがあります。

更年期障害 男性の症状

クラミジア 症状
更年期障害は女性だけではありません。
30~50代の男性にも現れる病気です。
集中力が続かないことややる気が起きないなどちょっとした症状から、不眠やうつなど重くなる症状が現れる時があります。
ちなみに、男性は更年期障害のことを加齢男性腺機能低下症症候群と言われます。

更年期障害の薬・漢方薬

更年期障害に処方される薬は、主にホルモン補充薬と漢方薬があります。
ホルモン補充薬は飲み薬や貼り薬があります。
漢方薬は、症状によって処方されるものが違います。
イライラや抑うつには、気のバランスを整える加味逍遥散(かみしょうようさん)、不安感や恐怖感、不眠がある時は柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、体がだるいなど心身的に弱っているときには加味帰脾湯(かみきひとう)があります。

更年期障害の検査・病院は何科

更年期障害には様々な症状があります。
そのため、症状に合わせて内科や耳鼻科や脳神経外科などを受診することもあると思いますが、基本的には性ホルモンの低下によって引き起こるものです。
なので、婦人科を受診することです。
そして、血液検査によってホルモンの濃度を測定します。

更年期障害の治療内容

更年期障害は、ホルモンバランスやストレスにより現れるので、治療としてはホルモン剤や漢方薬によって対処することがあります。

また、不眠などで身体的や精神的に負の連鎖になることもあるので、睡眠剤の投与で生活のリズムを整えていくこともあります。

更に精神的な部分にはカウンセリングによって安心感を得られ、症状が和らぐことがあります。

更年期におすすめのサプリメント

更年期サプリの多くは自律神経系を整える作用があるとされる大豆イソフラボンやプラセンタなどの成分を中心に作られています。

最近の研究で大豆イソフラボンの効果をより効果的に受けるためには、腸内にいる細菌によって「エクオール」という成分に変化させる必要があることが判明しています。

しかしこのエクオールは誰もが変換できるというわけではなく、個人差が大きいようです。

そのため大豆イソフラボンやプラセンタだけではなくエクオールが配合されているものも多く作られています。

こうした成分を中心にしていて、さらにプラスαで自身の悩みに合わせた成分が加わっているものを選ぶのがおすすめです。

やわたのイソフラボン&ファイバー

・やわたのイソフラボン&ファイバー
大豆イソフラボン、食物繊維、GABA、9種類の必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸、ビタミンDなど女性にうれしい栄養素をたっぷり配合!
40代以上の女性の悩みに効果的な成分を配合

詳細はやわたのイソフラボン&ファイバーをご覧ください。

母の滴サラブレッド100

・母の滴サラブレッド100
スーパープラセンタは「胎盤」+「サイタイ」を使用。
「天然のヒアルロン酸」を多く含む保水力に優れたサイタイを配合

詳細は母の滴サラブレッド100の公式サイトをご覧ください。

-更年期

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.