乳酸菌とは・効果・ダイエット・多く含まれる食べ物・摂取しすぎると

投稿日:

乳酸菌

乳酸菌とは

乳酸菌とは、炭水化物などの糖分を分解し乳酸をつくる細菌を指し、ヒトや動物の体をはじめ、自然環境の中など多くの場所に生育しています。

腸内で大腸菌などの悪玉菌の繁殖を抑え、細菌のバランスを整えることにより、腸内環境が改善され健康に良い効果をもたらします。

そのため乳酸菌は善玉菌とも称されています。

乳酸菌といっても、ある一種類の細菌を指すわけではなく、現在までに約250種類以上もの種が乳酸菌として認められており、漬物やチーズ、ヨーグルトなどの発酵食品の製造にも様々な乳酸菌が関与しています。

有名なものでヨーグルトの製造に乳酸菌が使われますが、広く用いられているのはブルガリア菌(学名:ラクトバチルスデルブリュッキー亜種ブルガリクス)とサーモフィルス菌(学名:ストレプトコックスサーモフィルス)の2種類です。

最近の研究では乳酸菌の効果は整腸作用だけでなく、免疫増強作用やコレステロールの抑制作用など様々な効果があると発見されています。

乳酸菌の効果

乳酸菌

代表的なものとして前述したように腸内環境を整える作用があります。

また他にも免疫機能の向上や中性脂肪・血中コレステロールの低下、虫歯や歯周病菌の抑制作用といった効果があります。

近年では、乳酸菌はプロバイオティクス(人体に良い影響を与える細菌)である点に注目し様々な製品、食品が作られています。

乳酸菌が多い食べ物

乳酸菌の多い食べ物として代表的なものはヨーグルトですが、他にもチーズ、漬物、キムチ、味噌、醤油、甘酒、発酵バターなどが挙げられます。

他にも乳酸菌を豊富に含んだドリンクやサプリメントなども商品化されており、ドラッグストアなどで手に入れることができます。
乳酸菌

乳酸菌を摂りすぎても大丈夫?

乳酸菌は栄養素ではないため全く摂取しなくても問題ありません。

そのため摂取量に決まりはなく、逆に大量に摂取しすぎても2~3日程で便となって排出されます。

そもそも乳酸菌は体内に存在する常在菌であるため、副作用はありません。

しかしながら乳酸菌の多量摂取で問題になるのは、その食品に含まれている他の成分になります。

例えばヨーグルトには乳酸菌が含まれていますが、それだけでなく脂質や糖分なども含まれています。

大量にヨーグルトを摂取するとそれだけ脂質や糖分も摂取することになります。

そのため乳酸菌の摂りすぎということよりも、乳酸菌の含まれている食材・食品の適切な摂取量に注意した方が良いでしょう。

乳酸菌でダイエットできる?

乳酸菌
乳酸菌自体にはダイエット効果は見受けられないようです。

乳酸菌の整腸作用により腸内が活性化し、老廃物や有害物質が減少することによって太りにくい体質にはなります。

乳酸菌を豊富に含んでいる食材は基本的にカロリーの低いものや糖質の低いものが多いため、それらによる体重減少が乳酸菌によるダイエット効果とされた要因だと考えられます。

乳酸菌ダイエットではなく、ダイエットのための体質改善や意識づけには良いのではないでしょうか?

おすすめの乳酸菌サプリメント

・デコつる
21種類の乳酸菌を1日4粒に約4兆501億個含まれています!圧倒的な乳酸菌量
・綺麗な肌を目指すために、馬プラセンタ・コラーゲンペプチド・フラクトオリゴ糖を濃縮して配合

・やわた本青汁
150億個の乳酸菌、安心の国産大麦若葉を使用、栄養機能食品であるビタミンCを1杯で30mg(ミカン約1個分)配合


・善玉菌プレミアムダイエット
【乳酸菌生産物質】で体内の善玉菌をサポート!
善玉菌の餌となるオリゴとアカシアや食物繊維豊富な難消化デキストリンもプラス


・毎日善玉
菌を与える・菌を増やす・菌を育てるために重要な3つの乳酸菌成分を配合したサプリメント

-乳酸菌

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.