リンゴ体型とは・原因と痩せ方・似合う服装・食事と運動・脂肪を燃焼させる漢方薬

投稿日:

リンゴ体型

りんご体型とは

基礎代謝が低く糖質の分解力が弱いため内臓脂肪がつきやすく、腹部を中心に上半身に脂肪がついている体型をりんご体型といいます。

いわゆる「中年太り」というものです。

一見太って見えないため、肥満に気づきにくいことがあります。

内臓脂肪は蓄積されやすく減らしにくいのが特徴で、男性や更年期を過ぎた女性に多く、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を引き起こす可能性があります。

りんご体型は腹囲がおおよその目安となります。

女性の場合は腹囲90cm以上、男性の場合は腹囲85cm以上ある場合、内臓脂肪が過剰に溜まっている可能性があるとされています。

これはあくまで平均的な日本人の体型をベースとしているため、正確な内臓脂肪の量を知りたい場合は一度病院で検査をすることをおすすめします。

りんご体型になる原因

リンゴ体型
主な原因として糖質の過剰摂取が挙げられます。

糖質は体内に入ると分解され体のエネルギー源となります。

エネルギー源は肝臓や筋肉に貯蔵し使用されますが、貯蔵できる量は決まっており、余分な分は脂肪に変換されてしまいます。

現代人の食事は糖質が過剰な場合が多く、そのためいわゆるりんご体型になりやすいのです。

りんご体型の痩せ方

リンゴ体型
食事療法―りんご体型の場合、糖質の分解力の弱い方が多いため糖質を制限すると良いとされています。

糖質はご飯やパン、麺などの炭水化物や菓子類などに多く含まれています。

最近では商品に成分表が記載されており、糖質量が分かるようになっているため、主食の量を減らしたり、低糖質の食品・食材を選ぶようにして、糖質の量を減らしていくと良いでしょう。

運動療法―有酸素運動が効果的とされています。

有酸素運動を行うことにより、体の基礎代謝が上がり、自然と脂肪が燃焼されやすい体になります。

りんご体型におすすめの食事

前述したように糖質を控える食事がおすすめです。

また食事を摂取する際にはよく噛んでゆっくり食べることも効果的です。

よく噛むことにより、食事が口の中で細かくなって分解されやすくなります。

また噛む回数が増えると自然と食事のペースも落ちるため、急激な血糖値の上昇が抑えられ太りにくくなるのです。

さらに満腹中枢も刺激され、少量でも満足感を得られやすくなります。

脂肪を燃焼させる漢方薬

ダイエットにおすすめの漢方薬を紹介します。
防風通聖散という漢方薬なのです。
この防風通聖散は「食べた食事の脂肪の吸収を抑え」「脂肪を燃焼」させ、さらに「便と共に脂肪を排泄」させ便通もよくしてくれます。
病院でも肥満症の診断がつけば商法もしてもらえる漢方薬です。
薬局でも販売していますしナイシトールという名前で販売もされています。
ダイエット目的、特にお腹周りを痩せたい方は満量処方を選ぶことをおすすめします。
満量処方とは成分が満量入っているという意味です。
防風通聖散はツムラやロートなど各メーカーから出されていますがすすめは生漢煎の防風通聖散です。
生漢煎の防風通聖散は満量処方でコスパが一番いいからです。
防風通聖散のコスパや成分量の比較は他のページで記載していますので参考にしてみてください。

↓生漢煎の防風通聖散はこちら↓

りんご体型の似合う服装

りんご体型の特徴として、がっしりとした肩やウエストがはっきりしないこと、腕や脚は細いことなどが挙げられます。

そのため腹部から視線を逸らせるように他の部位を強調するようなファッションやウエストマークできるファッションがおすすめです。

具体的にはAラインのワンピースやスカート、デニム、スラックス、フレアパンツなどは体のラインが出にくく、りんご体型の方でも選びやすいファッションです。

リンゴ体型

りんご体型におすすめの運動

有酸素運動であるウォーキングやランニング、スイミングなど自身のペースで行える範囲で生活に取り入れてみましょう。

毎日取り組むと筋肉の疲労によりオーバーワークとなってしまう可能性があるため、一日置きや週2~3日程度と自分のペースで取り組んでみてください。

運動習慣を身につけることにより、ストレスを適度に解消し、リバウンドを防ぐことができます。
リンゴ体型

-リンゴ体型

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.