脂肪燃焼する食べ物・飲み物・運動 筋トレ方法

更新日:

内臓脂肪

内臓脂肪を燃焼させる漢方薬

ダイエットにおすすめの漢方薬を紹介します。
防風通聖散という漢方薬なのです。
この防風通聖散は「食べた食事の脂肪の吸収を抑え」「脂肪を燃焼」させ、さらに「便と共に脂肪を排泄」させ便通もよくしてくれます。
病院でも肥満症の診断がつけば商法もしてもらえる漢方薬です。
薬局でも販売していますしナイシトールという名前で販売もされています。
ダイエット目的、特にお腹周りを痩せたい方は満量処方を選ぶことをおすすめします。
満量処方とは成分が満量入っているという意味です。
防風通聖散はツムラやロートなど各メーカーから出されていますがすすめは生漢煎の防風通聖散です。
生漢煎の防風通聖散は満量処方でコスパが一番いいからです。
防風通聖散のコスパや成分量の比較は他のページで記載していますので参考にしてみてください。

↓生漢煎の防風通聖散はこちら↓

脂肪燃焼する食べ物

内臓脂肪
脂肪は糖質や脂質の摂取が体の必要とする量より多いことで体に蓄積されてしまいます。

そのため脂肪を減らすためには糖質や脂質の少ない食事を摂取すると良いとされています。

しかしながらそのような食事が中心になるとどうしても栄養バランスの偏りが起こりがちです。

そのため食事の質を保ちつつ、脂肪を減らす、燃焼させることを意識して脂肪の燃焼を助けてくれる栄養素を摂取して栄養バランスを保つようにすると良いでしょう。

栄養素の中でも脂肪を燃焼させやすい栄養素として挙げられるのが「タンパク質」と「ビタミン・ミネラル類」になります。

タンパク質:体の内臓や筋肉などの大部分はタンパク質で作られています。
またタンパク質は体のエネルギーを燃焼させる酵素やホルモンを作る材料にもなります。
そのためタンパク質が不足するとエネルギー不足や筋肉量が減少することで体の機能が低下します。
体の機能が低下すると基礎代謝も減るため、脂肪が燃えることなく蓄積されていってしまいます。
タンパク質を多く含む食品として肉類や魚介類、豆製品、乳製品に豊富に含まれています。
イソフラボン

ビタミン・ミネラル類はタンパク質が筋肉に変わるのを手助けする役目があり、筋肉を作るためには欠かせません。
また代謝をアップさせる効果もあります。
豊富に含まれている食材として野菜や果物類、海藻類などが挙げられます。
最近ではサプリメントなども販売されており、簡単に摂ることができるようになりました。

脂肪を燃焼させる漢方薬

脂肪燃焼する飲み物

脂肪を燃焼させるためには体の水分補給も大切とされています。
血液やリンパ液の主成分は水分ですし、筋肉は約80%が水分でできています。
また体のさまざまな臓器がエネルギーを作るためにも水分は必要です。
水分が不足すると血液やリンパ液の流れが滞るだけでなく、体の機能を維持するためのエネルギーが産出できず、基礎代謝が低下します。
基礎代謝や血行・リンパ液の巡りを維持するためにも適切な水分補給を行うようにしましょう。
その中でも脂肪燃焼効果があるとされている飲み物を紹介します。
ブラックコーヒー:コーヒーに含まれているクロロゲン酸というポリフェノールの一種が脂肪の吸収を抑える働きだけでなく抗酸化作用や血糖上昇を抑える働きがあります。

緑茶:お茶に含まれている茶カテキンには抗酸化作用、抗菌作用、整腸作用などさまざまな効果が発見されていますが、脂肪燃焼作用もあることが判明しています。
これは体の中にある脂肪を分解する酵素をこの茶カテキンが阻害し分解・吸収される前に体外に排出させてしまうためです。

しかしながらコーヒーや緑茶に含まれているカフェインには利尿作用があり、過剰に摂取すると尿が過剰に排出され体が脱水症状になってしまう可能性があります。またカフェインには血管を収縮させる作用などもありますので、自身の体調に注意し、適量を摂取するようにしましょう。
脂肪を燃焼させる漢方薬

脂肪燃焼する運動・筋トレ方法

内臓脂肪
脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の二種類があります。

皮下脂肪は皮膚のすぐ下にある脂肪で、一度つくと中々落ちにくいのが特徴です。

しかしながら皮膚のすぐ下にある脂肪のためボディークリームやオイルを使用してマッサージをすることによって刺激を与えることができます。

内蔵脂肪は体の腸を支える腸間膜という膜についた脂肪のことですが、体の深い部分にあるため少しの刺激では届きません。

しかしながらこの脂肪は皮下脂肪よりも体の内側にあり、体温の高い部分のため脂肪燃焼に使われやすく、落ちやすいのが特徴です。

脂肪を燃焼するためには運動が大前提となります。

理由として、運動をすると体はエネルギーを必要とします。

エネルギーが必要になると、脳が体内にある脂肪を分解してエネルギーを作るように指令を出し、それに伴い脂肪の分解に必要なホルモンや酵素が放出されます。

ホルモンや酵素は脂肪の分解を行い、分解された脂肪は全身に運ばれ、体を動かすエネルギーとなります。

運動には有酸素運動と無酸素運動がありますが、脂肪燃焼に効果的とされているのが有酸素運動です。

なぜなら有酸素運動では長時間の運動となることが多く、代謝に時間がかかる脂肪をエネルギー源としますが、無酸素運動の場合は瞬間的なエネルギーを必要とするため、常時筋肉に備蓄されている糖質がエネルギー源となるからです。

しかしながら無酸素運動も脂肪燃焼には欠かせない運動になります。

無酸素運動の代表である筋トレは脂肪燃焼には直接的な関係はありません。

しかしながら無酸素運動によって筋肉をつけることで基礎代謝が上がり、普段の生活から脂肪を燃焼しやすい体にしてくれるのです。

また運動を行う順番として無酸素運動→有酸素運動の流れが良いとされています。

それは無酸素運動が瞬間的なエネルギーを必要とするため、有酸素運動で長時間の運動を行ってしまった後だと、エネルギーが不足している可能性があり、十分な脂肪燃焼効果が得られにくいとされるからです。

そのため筋肉をつけ、基礎代謝を向上させるためには無酸素運動→有酸素運動の順番で行うと良いでしょう。

具体的な運動として、無酸素運動の場合は自重を使ったスクワットやクランチ、プランクなどのトレーニングは初心者でも取り入れやすく、自宅でも気軽に行えるメニューになります。

体の中でも下半身の筋肉は大きく、鍛えると十分に基礎代謝を向上させてくれます。

有酸素運動だとランニングやウォーキング、水泳などが挙げられます。

有酸素運動をするうえで大切なことは「中強度」程度の運動で留めることです。

強度の高すぎる運動はかえって脂肪の燃焼効率が悪く、糖質の方が燃焼されやすくなってしまいます。

中強度の運動の目安は「笑顔でぎりぎり会話ができる」程度とされています。

自身のペースで無理をしないように運動に取り組むようにしましょう。
内臓脂肪

内臓脂肪を燃焼させる漢方薬

ダイエットにおすすめの漢方薬を紹介します。
防風通聖散という漢方薬なのです。
この防風通聖散は「食べた食事の脂肪の吸収を抑え」「脂肪を燃焼」させ、さらに「便と共に脂肪を排泄」させ便通もよくしてくれます。
病院でも肥満症の診断がつけば商法もしてもらえる漢方薬です。
薬局でも販売していますしナイシトールという名前で販売もされています。
ダイエット目的、特にお腹周りを痩せたい方は満量処方を選ぶことをおすすめします。
満量処方とは成分が満量入っているという意味です。
防風通聖散はツムラやロートなど各メーカーから出されていますがすすめは生漢煎の防風通聖散です。
生漢煎の防風通聖散は満量処方でコスパが一番いいからです。
防風通聖散のコスパや成分量の比較は他のページで記載していますので参考にしてみてください。

↓生漢煎の防風通聖散はこちら↓

-脂肪燃焼

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.